留学には寮生活とホームステイがあります

留学する学生が増えていますが、期間は人それぞれで長期から短期へと幅が広い期間になっています。

長期の場合は数ヶ月へとなりますが、短期留学の場合には1週間程度の場合もあります。

T-SITEに関連した情報が掲載されています。

留学先も個人の目的によって異なり、中国などのアジアからロンドンなどのヨーロッパへと世界各国へ旅立っています。



留学の目的は現地の生活環境を知るために旅立ったり、語学力を磨く目的で旅立つ人などがいます。

宿泊も各国によって異なり、学校などの寮で団体生活をする人や現地の一般家庭で家族の一員として生活を送る人がいます。

現地の一般家庭で家族の一員として生活を送る場合にはホームステイと言い、ホームパーティーに参加したりホームステイをしている家族と食事に出かけることもあります。



このようにホームステイの場合には学業よりも現地の生活を体験することができるというメリットがあります。一方、学校などの寮で生活をする場合には現地の生活を知る目的よりも学業に専念することができます。

昼間は学校で勉強をして寮へ帰宅後には実習をすることができるため、学業には最適な環境が整っています。

しかし、学生はまだ子供なので長期の場合には、ホームシックになる人もいるのが現状です。


そのため、ホームシックで日本に帰国する学生も多くいますが、ホームシックを乗り越えると帰国後には幅広い知識を身につけることが可能です。

留学先では国際電話を使って、日本にいる両親に電話ができるので、多少の不安を乗り越えることができます。


Copyright (C) 2016 留学には寮生活とホームステイがあります All Rights Reserved.